TOP>基本政策>党則
基本政策
  • 荒川浩司フェイスブック
  • 塩見聡フェイスブック
  • 地域政党ふくちやまフェイスブック
  • サポーター募集
  • サポーター募集

活動報告

  • 地域政党ふくちやま党則
  • 第1章  総則
  • 第1条(名称)
  • 本党は、「地域政党ふくちやま」と称し、福知山市に本部を置く。
  • 第2条(目的)
  • 本党は、地域独自の見解と行動によって、新しい仕組みや人々とのつながりを活かし、持続性ある福知山の未来を市民自ら掴み取る事を目的とする。
  • 第2章 党員及びメンバー及びサポーター等
  • 第3条(構成)
  • 党員、メンバー、サポーターで構成される。
  • 第4条(党員)
  • 党役員、議員及び公認候補者からなる本党の党員は、本党の基本理念及び政策に賛同し、「地域政党ふくちやま」の党則を遵守しなければならない。また、日本国籍を有する 18歳以上の個人で、入党宣誓  書にサインし、入党手続きを経た者とする。また、地域交流メンバーであることを前提とする。
  • 第5条(地域交流メンバー)
  • 「地域政党ふくちやま」のサポーター組織である地域交流メンバーに入会を希望する者は、所定の事項を記入の上、年会費千円を添えて申し込む。地域交流メンバー会長が入会申込書を受理し、許否を決定する。著しく反社会的で、市民への信頼を損なう者は入会することができない。
  • 第6条(サポーター)
  • 「地域政党ふくちやま」の趣旨に賛同し、会費にとらわれず側面より支援をいただくサポーターを募集する。
  • 第7条(権利)
  • 党員、地域交流メンバー、サポーターの権利は、次の通りである。
  • 1.党大会(臨時党大会を含む)への参加(党員、地域交流メンバー)
    2.神戸志民党の代表選挙の投票権(党員、地域交流メンバー)
    3.政策立案への参画(党員、地域交流メンバー)
    4.各種事業への参加(党員、地域交流メンバー、サポーター)
    5.会報等の配布(党員、地域交流メンバー、サポーター)
  • 第8条(義務)
  • 地域交流メンバーの義務は、次の通りである。
  • 1.市民道徳と社会的道義を守り、社会に対する責任を果たす。
    2.党の理念・目的を理解し、党務拡大・普及に努める。
    3.持続できる福知山を目指し、生まれ、育ち、住み、働いて良かったと思える福知山になるよう個々人が当事者意識を持って出来ることを出来るだけ行う。
  • 第9条(議員及び候補者の入党)
  • 1.議員及び候補者が入党しようとするときは、幹事長に申し出て、役員会の議を経て承認を得ることを必要とする。入党を承認された議員及び候補者は、会則の遵守の責務を負う。
    2.議員及び候補者は入党に際し、「任期中の離党をする場合は議員辞職する」旨の宣誓書に署名捺印し、本党に提出することとする。
    3.議員及び候補者が入党する際、他党籍との二重籍は認めない。
  • 第10条(離党)
  • 党員の離党は、所定の用紙に記入の上、幹事長に届け出る。議員が離党しようとするときは、幹事長に申し出て、議員辞職を必とする。
  • 第11条(処分)
  • 党員及び地域交流メンバーが次の各項のいずれかに該当するときは、党紀委員会の調査に基づき、党紀委員会において役員会の同意により、戒告、役職停止、非公認、資格停止、離党勧告または除名処分することが出来る。ただし、当該議員は党紀委員会において弁明の機会を得る事が出来る。
  • 1.党の規律をみだす行為
    2.党の品位を著しく汚す行為
    3.党議に背く行為 
  • 第3章 議決機関
  • 第12条(党大会)
  • 本党の最高議決機関を党大会とする。党大会は、予算・決算、規約の改正及びその他の重要事項を審議し決定する。党大会は役員会の議を経て、代表が招集する。
    代表は、毎年1回、党大会を招集しなければならない。大会は6月に招集することを通例とする。また、代表は、必要に応じて臨時党大会を招集することが出来る。
    代表は、議員総会もしくは地域交流メンバーの役員会の議決によって要請した場合、党大会を招集しなければならない。
    党大会は、参加している地域交流メンバーの過半数をもって決する。
    党大会の構成、運営等に関し必要な事項は、役員会の議を経て定める。
  • 第13条(役員会)
  • 党大会に次ぐ党の議決機関を役員会とし、代表、党役員をもって構成する。特に緊急を要する事項については、役員会の議決をもって党大会の議決に代えることが出来る。
    役員会は、構成員の2分の1以上の出席により成立し、その議事は行使された議決権の過半数をもって決する。
    党大会の議決に代えた役員会の議決は、次期の党大会に報告し、承認を受けなければならない。
  • 第4章 執行機関
  • 第14条(役員会)
  • 本党に役員会を設置する。
    役員会は、代表、幹事長、事務局長などで構成する。役員会は代表が主宰する。
  • 第5章 役員及び幹事
  • 第15条(代表)
  • 本党に代表を置く。 代表は党を代表する最高責任者とする。代表の任期は初代は就任から2016年の5月末日とし、その後は2年ごとに選挙を行い、再任を妨げない。
    なお、任期満了に伴う新たな代表の選出をもって任期は終了するものとし、また任期内に新たな代表が選出されない場合には、役員会の承認をもって、任期は新たな代表が選出されるまで延長される。
    代表の選出は、本部に登録された党員から選出され、役員会の議を経て有権者による選挙によって行う。
    代表選挙の立候補者が1人である場合には、党大会または役員会における承認をもって、選挙に代えることが出来る。
    任期途中で代表が欠けた場合には、代表選挙規則に基づく選挙によらず、役員会において代表を選出することが出来る。この場合、新たに選出された代表の任期は、欠けた代表の残任期間とする。 代表選挙の実施方法等に関する代表選挙規則は、役員会の発議に基づき決定する。
  • 第16条(幹事長)
  • 本党に、幹事長を置くことが出来る。  幹事長は、代表を補佐し、党の運営を統括する。 幹事長は代表が選任する。
  • 第17条(政務調査会長)
  • 本党に、政務調査会長を置くことが出来る。  政務調査会長は、党及び党傘下の議員団の政策活動を統括する。 政務調査会長は幹事長が選任する。
  • 第18条(総務会長)
  • 本党に、総務会長を置くことが出来る。
    総務会長は党の運営及び議会活動に関する重要事項を審議決定する。総務会長は事務局長が選任する。
  • 第19条(代表代行及び事務局長)
  • 代表は代表代行もしくは事務局長を置くことが出来る。
    代表代行は、代表不在になった場合、次期代表が就任するまで職務を代行する。代表代行は、代表が指名、役員会で選任し、承認をする。事務局長は党務全般の管理機能を果たし、代表が指名、役員会で選任し、承認をする。
  • 第20条(常任幹事)
  • 本党に、常任幹事を置くことが出来る。
    常任幹事は幹事長が選任し、役員会で承認する。常任幹事は、幹事長を補佐し本党の運営にあたる。
  • 第21条(役員等の任期)
  • 本規約に定める機関の役員等の任期は、代表の任期に従うものとする。
  • 第6章 会計
  • 第22条(会計年度及び会計監査)
  • 会計年度は、毎年1月1日から12月31日までとする。会計責任者は、本党の経理につき会計年度終了後、会計監査の監査を受け、その監査報告書を付して総会に報告する。会計監査は代表が指名し、役員会で承認する。
  • 第7章 補則
  • 第23条(補則)
  • 党則の改廃や本党則に定めなき事項については、党役員会にて決議し、党大会にて報告する。本党則で委任を受けた事項又は事業執行のために必要な規則等は代表が定め、重要なものについては役員会に報告するものとする。
  • 附則
  • 本党則は、平成26年11月17日から実施する。
ブログ フェイスブック ツイッター